レーシック手術の失敗事例

視力回復の方法として有名になってきたレーシック手術。最近では失敗事例もないようですが、日本で認められたばかりの2000年当初では、失敗事例もあったようです。裁判へと発展している失敗事例があります。

最近では、クリニックでは、視力回復に有効であるというメリットだけではなく、副作用や合併症などのデメリットもしっかりと説明することが義務づけられ、これは徹底して行われているようです。

しかし、レーシック手術がまだそれほど有名なものになっていなかった2000年には、そういったリスク説明がなされないまま手術が行われ、その後合併症を引き起こす結果となり、視力が逆に低くなってしまったという失敗事例があったそうです。

また、同じく2000年に、リスクに関する説明が不十分だったのに加えて、手術の際に当然行われるべき目の消毒や洗浄が行われなかったために、角膜に異物が入ってしまい、後遺症を起こしてしまうという失敗事例があったようです。

この事例では、レーシック手術の患者さんに不正乱視を起こしてしまうという最悪の事態になってしまったようです。

このような失敗事例は、日本で認められたばかりの事例であり、技術も進歩していて、最近ではこのような失敗はまず考えられない状況となっています。クリニックでも、手術前の説明はしっかりとされているようです。もしも、手術前にリスクに関する十分な説明を受けられないようであれば、そのクリニックでは受けないようにするべきです。

おすすめ記事

このページの先頭へ

コスメの多様化