レーシックの種類

最近、レーシックが話題になっていますね。

日本では2000年に厚生労働省から許可がおりてから手術をする方が多いんですって・・・ タイガーウッズさんや松阪投手など多くの有名人もされているそうですよ・・・

実は知らなかったんですがレーシック手術って何種類かあるんですって・・・(みなさんご存知でしたか?)

レーシック:角膜を薄皮一枚めくり、レーザーを照射して角膜のカーブの度合いを調整しふたをする感じだそうです。

エピレーシック:角膜はレーシックに比べ薄く剥がすそうです。(角膜が薄くても出来る手術)

ウェーブフォロント:精密に手術ができて、乱視治療に効果的だそうですよ!近視、遠視、乱視、などの角膜の形状を細かく調べて手術するんですって

イントラレーシック:コンピューター制御で角膜にフラップを作って手術をするんですって。確実性、安全性は高いそうですよ。

ラセック:アルコールを使って、角膜の上皮をふやけさせてフラップを作り手術するんだって。角膜上皮は数日の間に剥がれ落ちるそうです。

などの種類がありますが、本人の目の症状や希望又は病院などによってさまざまですので 自分にはどの手術が合っているかなど医師と相談してみてね・・・

すごく心配症の人、怖がりの人は目に優しいコツコツ型の回復トレーニングはいかがですか?

おすすめ記事

このページの先頭へ

コスメの多様化