レーシックのリスクとは

視力回復に効果的なレーシック手術ですが、そのリスクも理解しておく必要があります。まず、目に関するリスクで最悪なものに「失明」があります。しかし、それに関しては心配ご無用です。失明したという事例はありません。

視力回復手術でのリスクの一つに、リグレッションというものがあります。これは、時の流れとともに再び回復した視力が落ちていってしまう現象のことをいいます。せっかく視力回復を実現しても、これではあまり意味がありませんよね。

レーシック手術を行うクリニックでは、このようなリグレッションが起きることがあるため、手術後の一定期間内であれば、再度手術を無料で行っておもらえるといったサービスがあります。あなたの角膜を削ることによって屈折異常を治す手術です。ですので、角膜が薄すぎて、再度削れないといった場合にはレーシック手術を再び受けることができない場合もあるので注意が必要です。

リグレッションの原因は「これが原因だ」と特定できない場合が多いようです。目に悪いとされていること、例えば、パソコンを長時間見続けるとか、テレビゲームを長時間し続けるだとか、そういったことは、例え手術で視力回復しても避けるべきでしょう。

これはレーシック手術を受けている受けていないに関わらず、視力が悪くなると言われていることは避けるべきでしょう。特に現代では、パソコンやゲーム・携帯電話が急速に普及しているので、視力が悪くなる環境が整っているとも言えます。デジタルな画面を見る場合は、ある程度見続けたら、景色を眺めたり、デジタル画面を見るのを止めて休憩したりすることも必要になってきますね。これは視力が悪い人にでも良い人にでも言えることです。視力が右目も左目も2.0だといって油断していてはいけません。

また、レーシック手術前に、近視がどの程度回復できるのかを正確には知ることはできません。どのくらい視力回復するのかには個人差があります。

リスクについては、手術前にクリニックで十分に説明をしてもらいましょう。クリニックでは、視力回復できるという魅力だけではなく、そのリスクも十分に説明をするということが義務付けされています。その説明で、もし納得できないようであれば、レーシック手術をやめる決断も必要です。

恥ずかしがらずに分からないことがあれば、どんどん質問をして、十分納得した上で、受けるようにしましょう。こっちは素人なわけですから、何も分からなくて当然です。堂々となんでも質問してみましょう。

おすすめ記事

このページの先頭へ

コスメの多様化