レーシック手術後

レーシック手術に成功して視力回復できたらはい終わり、というわけではありません。手術後にはクリニックに定期的に検診に通わなければいけません。でも普通はそれほど頻繁に行く必要はないものですのでご安心ください。

視力回復しても、万が一の合併症などが起きていた場合に、検診を定期的に行うことによって早期発見につながります。決められた期日にクリニックへ行くのはもちろんのこと、目の調子がおかしかったり違和感を感じたりしたら、早めにクリニックで見てもらいましょう。

手術後は、視力が回復したからといって、油断しすぎていてはだめです。自分の目を大切にしていきましょう。目に悪いとされていること、例えば、パソコン画面を長時間見続けたり、テレビゲームを長い時間し続けることも避けましょう。これはレーシックの手術をしている人、していない人、誰にでも言えるケアですね。仕事でパソコンを使う場合でも、1時間に1度はパソコンから目を離し、遠くを見てみたりストレッチしましょう。目だけでなく、健康にもこれは良いことですね。

また、レーシック手術後にはドライアイになる人もいますが、たいてい手術後3ヶ月ほどで正常な状態に戻っていくようです。目が乾き過ぎないように、まばたきを多めにしてみるなど工夫をしていきましょう。

おすすめ記事

このページの先頭へ

コスメの多様化