レーシック手術の仕組み

視力回復方法の一つとして、最近有名になってきたレーシック手術ですが、その仕組みを理解している人は少ないようです。視力回復方法として検討している方は、まずはレーシックとはそもそもどういった手術なのかを理解しておく必要があります。

成功し、視力回復すれば、今まで当たり前のようにお世話になっていたコンタクトレンズ・眼鏡などともおさらばできます。まさに夢のような視力回復方法がレーシック手術ですね。

そんな魅力いっぱいのレーシック手術ですが、その仕組みをまずは確認しておきましょう。あなたの目の構造自体を変えてしまう魔法のような手術ではありません。あなたの角膜の屈折異常を矯正するのがレーシックなのです。屈折異常を矯正することによって視力が回復できるというものなのです。

あなたの眼球自体の構造は、成功しても変わってはいないのです。眼球内部は近視や乱視のままの状態なのです。しかし、見かけの視力はもちろん回復しています。

ですので、近視の人がかかりやすいとされている緑内障や他の目の病気になる確率は、レーシック手術に成功したからといって、下がるわけではないということです。視力回復をしても、あなたの眼球の構造自体は変わってはいないということを覚えておくべきです。

また、最近ではイントラレーシックという方法も普及してきています。角膜を切って作るふたであるフラップを機械によってつくります。通常のレーシック手術ではフラップを手動でつくることになります。

強度の近視の方の視力回復には、角膜を深く削る必要がでてきますが、イントラレーシックならばレーシックよりも角膜を深く削れますので、視力回復効果が高いといえるでしょう。

また、手術後にはドライアイを引き起こすケースもありますが、この確率を低くできるようです。

おすすめ記事

このページの先頭へ

コスメの多様化