視力が関係する職業

視力って大きくなって自分の希望する仕事に就けない事がある位、重要になる視力「目」です。

目が見えても仕事の関係で一定の基準をクリアしないと仕事に就けないこともあるんです。 ですから、子供の内に視力を回復させて自分の希望する仕事に就かせてあげたいものですね。

例えば 警察官は両眼とも0.6以上で裸眼で0.1以上矯正で1.0以上、看護士は両眼とも1.0以上、客室乗務員はコンタクト矯正で1.0以上、消防士は両眼とも1.0以上で矯正視力の場合は裸眼視力0.1以上なんだそうです。 人気のあるパイロットは、視力矯正手術を受けていると仕事に就けないそうです。(レーシックなど)

もし、大好きな仕事が視力で出来ないなんていやですよね、だから少しでも早く視力を上げて気にせずに、仕事が選べるようになればいいですよね。 ただし視力回復トレーニングだけで回復するって事はありませんよ、生活の改善や食生活も視力回復に役立つアイテムなんですから・・・

自分で出来る視力にいい事をまず始めてみませんか・・・それと自分に合ったものを見つけて、1日でも早く視力が回復するように諦めずに頑張ってみませんか。

おすすめ記事

このページの先頭へ

コスメの多様化