近視や遠視の種類

近視や遠視って言葉は知っていますよね。 では、近視や遠視に種類があることは知っていましたか・・・・ 私は、種類があったなんて知りませんでした。

例えば近視には  屈折性近視・・水晶体の屈折力が強すぎて、網膜の手前で焦点があってしまう。網膜の手前で焦点が合ってしまう状態が長く続いてしまうと、毛様体が強くなりすぎ緊張が解けなく固まった状態になって、屈折性近視になります。

軸性近視・・・光の全屈折力は正常なんですが、眼軸の長さが長いので遠くの物を見て水晶体が薄くなっても眼に入った光が網膜で焦点が結べないで網膜の手前で焦点があってしまう。     

            近視で度が進んでしまったってよく聞きませんか。それは眼軸の長さが長くなって、焦点が合わない状態が進んでしまった事なんですよ!近視で悩んでいる人の大半は軸性近視が多いようですよ。

偽近視・・・・水晶体は、遠くを見ると見たら薄くなって、近くを見ると厚くなるそうなんだけれどその働きが近くをずっと見つめることで、水晶体の緊張がとけないでいつも近くを見ている状態になり遠くを見てもぼやけてしまう感じです。 仮性近視とも言われているそうなんだ。

それから遠視  

屈折性遠視・・眼軸の長さは大体正常な範囲内ですが、角膜や水晶体などの屈折力がそれに比較して弱いために起こる状態が、屈折性遠視になります。

軸性遠視・・・角膜や水晶体などの屈折力は正常の範囲内ですが、眼軸が短かすぎる為網膜の後ろでピントが合ってしまう状態が軸性遠視です。遠視のほとんどは、この軸性遠視であるといわれているよ。

ただ視力が悪くなったから、この内のどれだろうって思いますが、どれか1つではなく色んな症状が混ざって悪くなっていくんです。 ですから、自分の症状はどの症状でどれ位悪くなっているかキチンと病院などで見てもらってから自分にあった視力回復トレーニングをしてみましょう。

おすすめ記事

このページの先頭へ

コスメの多様化