カラーコンタクト購入と使用方法

| コメント(0) | トラックバック(0)
薬事法の改正によって
カラーコンタクトは医師からの処方箋を発行してもらって初めて購入可能になりました。またこの改正により販売する方にも医療用具販売業の届け出をすることが必要になりました。売る側にも買う側にも一定の規制がかかります。
しかしながら現状は上にたくさんの販売業者がいます。
そして激安のカラーコンタクトもたくさん出回っています。この激安の
カラーコンタクトの多くは海外からの輸入品になります。輸入品だからと言って届け出が不要では届け出は必要です。
しかし個人輸入の代行をしている場合は輸入の主体はあくまでもご自身です。ですから届け出の不要です。こうなると使用する責任は誰にありますか。そうです。あなた自身にあります。心しっかり理解しておくことです。


トラブルの多発したカラーコンタクトです。安心に購入し使用できることを望めば国内の眼鏡屋さんがよいでしょう。少々価格は高目になりますが安心をか買うということが目的ならば納得できるでしょう。
また付け方も問題です。カラーコンタクトを一日中しておくのは目にはよくありません。
長時間の装着にならないようにすることも重要です。それぞれの目的があってカラーコンタクトを使用するはずです。購入に至ることを気を付けても使用上の注意を守ることを疎かにしては元も子もないことを理解しておきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.philosocher.co.jp/mtos/mt-tb.cgi/35

コメントする

視力回復  レーシック 大阪 動画制作

このブログ記事について

このページは、phiが2012年1月14日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビクター/ビクトリア」です。

次のブログ記事は「海外のカラーコンタクト~使用上の注意」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja